ここから本文です

飯坂でも親子ら酒造好適米収穫 来年1月発売へ

9/17(日) 9:44配信

福島民報

 福島市飯坂町で栽培したコメで日本酒を醸造する「飯坂温泉地酒をつくる会」は16日、春に田植えした飯坂町東湯野の水田で酒造好適米「五百万石」の稲刈りをした。来年1月5日の発売を目指す。
 安斎忠作会長はじめ会員、地元の農業・観光関係者や子どもたち、英語指導助手を務めている外国人9人を含めて総勢約60人が参加した。協力しながら手作業で稲を刈り取った。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの福島県農業の復興と温泉街の振興、地域活性化などを目指している。収穫したコメは市内松川町の金水晶酒造店で仕込み、精米歩合60%の純米吟醸酒を醸造。「摺上川」の名で720ミリリットル入りを来年の1、4、9の各月に分けて販売する。

福島民報社

最終更新:9/17(日) 9:58
福島民報