ここから本文です

九州北部豪雨被災地 午前に台風最接近、夕方まで暴風雨に警戒

9/17(日) 6:59配信

ウェザーニュース

 大型で強い勢力の台風18号が近づき、九州北部も雨が降り始めています。宮崎など南部では激しい雨となっている所も。

 この後台風は、強い勢力を保ったまま、午前中に九州南部に上陸する恐れがあります。福岡県や大分県に最も接近するのは昼過ぎ頃となる見込みです。

 九州北部豪雨で災害が発生した福岡県朝倉市や大分県日田市では、新たな災害発生や、すでに崩れている崖や斜面が再び崩れる恐れがあります。すでに避難勧告や指示も発令されています。台風の影響が落ち着くまで復旧作業は中止し、外出は控えてください。

 また、避難する場合は、声を掛け合って、複数人数で行動するようお願いします。

◆夕方まで荒天がつづく

 大型の台風のため、台風の中心が近づく前から雨や風が強まり、夕方まで荒れた天気が続きそうです。外出は控え、崖や川から離れた丈夫な建物の中で安全にお過ごしください。

 ーピーク時の雨の強さ:1時間60~80mm

 ー台風が離れるまでの雨量予想:多い所で200~300mm

 ー注意事項:道路の冠水、川の増水、土砂災害、雷、突風

台風が近づく昼前から昼過ぎをピークに、外出危険な暴風の恐れもあります。木の枝が折れたり、看板など物が飛ばされたり、交通機関への影響、停電にもご注意ください。今夜には雨や風が収まり、明日は朝から晴れそうです。

ウェザーニュース