ここから本文です

週間天気 台風が去ると暑さ復活

9/17(日) 7:44配信

ウェザーニュース

 連休中は台風18号が日本列島を縦断する恐れがあり、全国的に荒天に要警戒。また、台風接近前と通過後の気温の変化にも注意が必要です。


【台風18号が連休中の日本を縦断】
 この連休は、台風18号が日本列島を縦断する恐れがあり、各地で暴風・大雨・高波・高潮等に警戒が必要です。局地的には1時間に100mmに達するような雨や、瞬間的に50m/sを超えるような暴風となる危険性もあります。

また、台風の接近前に活発な秋雨前線が通過。このため、関東などは台風接近前から激しい雨に注意が必要です。


【連休明けは高気圧に覆われる】
 連休明けの19日(火)は西から段々と高気圧が張り出し、20日(水)にかけて西・東日本では晴れる所が多くなります。

 ただ、台風(温帯低気圧の可能性も)が去ったあとは上空に強い寒気が流れ込むため、北日本や北陸ではスッキリしない空。北海道の標高の高いところでミゾレや雪となる可能性があり、19日(火)や21日(木)に初冠雪の可能性があります。


【週後半は前線や低気圧が接近】
 21日(木)からは、東シナ海から低気圧や前線が接近。西日本では湿った空気が流れ込み、傘の出番となるところがありそうです。


【西・東日本は体感温度の変化に注意】
 台風接近前の16日(土)は、前線の北の冷涼な空気に包まれていることに加えて北寄りの風が吹き、各地とも気温が上がらず、肌寒い体感となりました。関東は17日(日)も20℃台前半の予想です。

 ただ、前線や台風が通過した後は南寄りの風に変わり、気温が上がりやすくなります。体感温度の差が大きくなるため、体調管理にも注意が必要です。

ウェザーニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ