ここから本文です

大分県で記録的短時間大雨情報 佐伯市で観測史上1位の大雨に(17日9時現在)

9/17(日) 9:13配信

ウェザーニュース

 大分地方気象台は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。(9時現在)

発表された場所と午前9時までの1時間雨量は以下となっています。
 ・佐伯市佐伯付近で約110ミリ
 ・佐伯市鶴見付近で約110ミリ
 ・佐伯市米水津付近で約110ミリ

 大型の台風18号の影響でのため、台風の中心が近づく前から雨や風が強まり、夕方まで荒れた天気が続きそうです。外出は控え、崖や川から離れた丈夫な建物の中で安全にお過ごしください。

♦︎ピーク時の雨の強さ:1時間60~80mm

♦︎台風が離れるまでの雨量予想:多い所で200~300mm

♦︎注意事項:道路の冠水、川の増水、土砂災害、雷、突風

台風が近づく昼前から昼過ぎをピークに、外出危険な暴風の恐れもあります。木の枝が折れたり、看板など物が飛ばされたり、交通機関への影響、停電にもご注意ください。今夜には雨や風が収まり、明日は朝から晴れそうです。

◆記録的短時間大雨情報とは?

 気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。
 その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

 一般的に、この情報はテレビのテロップで周知されます。
 この情報が発表された地点は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
 地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

ウェザーニュース