ここから本文です

【近畿、300mm超の雨も】今夜は外出を控えて

9/17(日) 16:50配信

ウェザーニュース

 近畿では、風はだんだんと強くなっているものの、台風の影響はまだ小さい状況です。

 大型の台風18号は九州南部を通過し、日向灘にあり、これから徐々にスピードを上げていきます。今夜遅く、兵庫県、京都府付近を駆け抜ける予想で、夕方から暴風域に入り始めそうです。


◆今夜は非常に強い風に注意

 今回の台風の特徴として、大型で、台風中心から100kmほど離れた所で強い風が吹いていることが挙げられます。このため、台風の中心が近づく前から台風が離れる深夜まで、歩行困難レベルの風(沿岸では外出危険な暴風)が予想されます。


◆大雨による災害にも警戒を

 雨も夕方から深夜まで激しく降る恐れがあり、強い所では、1時間に60~80mmという滝のような雨となります。道路の冠水や川の増水に注意が必要です。

 和歌山県南部では、秋雨前線の雨ですでに大雨となっていて、新宮市では3日間の雨量が243.0mmに達しています。これから台風が去るまでに多い所で200~300mmの雨が予想され、土砂災害にも警戒が必要です。

 また、台風の中心が近づく前(夕方~夜)に、アウターバンドと呼ばれる外側の活発な積乱雲が通過することがあります。その際に、落雷や竜巻などの突風が発生する恐れがあります。


◆今夜は外出を控えて

 雨や風が強まる夕方からは、交通機関への影響も心配されるため、できるだけ早めの帰宅をおすすめします。

ウェザーニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ