ここから本文です

阪本、村上両選手が優勝 三重県勢、バタフライと高飛び込み えひめ国体

9/17(日) 9:00配信

伊勢新聞社

 愛媛松山市の松山中央公園特設プールなどで16日、第72回国民体育大会「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」会期前競技が開かれ、三重県勢は水泳競泳少年男子A200メートルバタフライで阪本祐也選手(三重高)、水泳飛び込み男子高飛び込みで村上和基選手(県体育協会)が優勝を果たした。

 阪本選手は8月に米国で開催の世界ジュニア同種目銀メダリスト。村上選手は7月にハンガリーで開かれた世界選手権代表選手。

 会期前競技はこの日で全日程を終え、30日に松山市の愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催する総合開会式で熱戦が再開する。

伊勢新聞社

最終更新:9/17(日) 9:00
伊勢新聞社