ここから本文です

セクシーだけど上品、ゴージャスだけど謙虚! 叶姉妹に学ぶ“ファビュラス”な処世術とは

9/17(日) 7:13配信

dmenu映画

数あるセレブキャラの中でも、長く人気を保っているタレントの一組が叶姉妹。嫌われがちで、移り変わりの早いセレブキャラですが、なぜ彼女たちは長い間愛され続けてきたのでしょうか?

彼女たちのSNSを覗いてみると、そのヒントが隠されているようです。そこには、一般社会で暮らす私たちにも、処世術として参考になりそうなことが盛りだくさん。そこで今回は、叶姉妹のSNSから学ぶ、明日から使える処世術をご紹介したいと思います!

現在、ブログやインスタグラムなど、いくつかのSNSを更新している叶姉妹。どれを覗いても、彼女たちのトレードマークである豊満なバディーが、惜しげもなく披露されています。姉の恭子とそのボーイフレンドたちであるグッドルッキングガイとのお戯れの写真も満載で、見る方はかなりドキドキしてしまうこと必至。高価なブランドバッグや、ヒョウ柄が特徴的なペットのベンガルキャットなどがたびたび登場し、徹底したキャラ設定(?)を貫いています。

その上で、「ファビュラス」や「アメージング」、「ヘブンリー」などの独特な言い回しが、彼女たちのキャラクターを際立たせています。全体的に主張が強めで、炎上しそうな要素ばかりのように見えますが、実は彼女たちはこれまでに一度も炎上を起こしたことがないのです。

その理由は彼女たちの文章に隠されているようです。丁寧な口調でまとめられ、嫌味を感じさせません。また、読者であるファンを始め、登場する人や物には誠実かつ謙虚に対応。人に迷惑をかけないというポリシーをSNSでたびたび掲げているだけあり、他人に決してネガティブな発言をせず、褒めたたえるところも品の良さを感じさせます。

それは、姉妹間でも例外ではないようです。妹の美香は日頃から恭子のことを「究極生命体の美しさ」と敬愛し、恭子は「女神のよう」と美香を絶賛。見る人を嫌な気持ちにさせない心遣いが、ふんだんに散りばめられています。

誰もが気軽にSNSを利用でき、そして炎上を受ける可能性をもっている現代。彼女たちの所作は、私たちにも参考になるのではないでしょうか?

1/2ページ

最終更新:9/17(日) 7:13
dmenu映画