ここから本文です

大型台風18号 まもなく九州上陸へ 18日にかけて西~北日本で大荒れに

9/17(日) 5:20配信

ウェザーマップ

 大型で強い台風18号は、きょう17日昼前にかけて九州に上陸するおそれがあり、あす18日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大荒れとなる見込み。暴風やうねりを伴った高波、大雨に厳重な警戒が必要だ。

台風 今夜にかけて西日本通過

 大型で強い台風18号は、17日午前5時には屋久島の西約100キロにあるとみられ、九州の一部が暴風域に入っている。台風は、きょう午前にも九州に上陸した後、次第に速度を速め、暴風域を伴って17日夜にかけて西日本を通過する見込み。台風の接近に伴って、四国沖から本州の南海上にのびる前線の活動が活発になり、18日にかけて西日本から北日本を北上する。
 18日は、台風が温帯低気圧の性質を帯びながら、東日本から北日本の日本海側を北東へ進むため、暴風域や強風域が広がり、台風の中心から離れた地域でも、暴風や強風に警戒・注意が必要だ。台風は18日夜にはサハリン付近へ進み、温帯低気圧に変わる見込み。

大雨・雷・突風 土砂災害など厳重警戒

 台風や活発な前線の影響で、18日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降るおそれがあり、大雨となる見込み。

■18日午前6時までの24時間予想雨量(多い所)
 九州北部、四国、近畿 350ミリ
 九州南部、中国、東海 250ミリ
 関東甲信、北陸、東北 150~200ミリ

 さらに19日午前6時までの24時間予想雨量(多い所)
 北海道 100~200ミリ
 東北  100~150ミリ
 北陸  50~100ミリ

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

暴風・高波・高潮

 九州では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなっているところがある。台風の接近に伴って、17日は西日本を中心に、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがある見込み。18日にかけては、東日本と北日本でも非常に強い風が吹き、大しけとなるおそれがある。

■予想最大瞬間風速
17日
 九州南部・奄美        50メートル
 九州北部、四国、中国、近畿  45メートル
 北陸、東海、         35メートル
 関東甲信、東北、北海道    30メートル

18日
 中国       45メートル
 東北、北海道   40メートル
 近畿、北陸、東海 35メートル 
 四国、関東甲信  30メートル

■予想される波の高さ
17日
 九州南部・奄美    9メートル
 九州北部、四国、近畿 8メートル
 東海         7メートル
 中国、関東甲信    6メートル
 北陸         5メートル

18日
 北海道         8メートル
 四国、近畿、東海、東北 7メートル
 中国、関東甲信     6メートル
 北陸          5メートル

 西日本から北日本では、台風の影響で潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意が必要だ。

最終更新:9/17(日) 5:50
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ