ここから本文です

ジョイマン池谷、フジモンからのアドバイスで「トニアガレトニトリー」に改名か

9/17(日) 9:00配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』に、バイきんぐ・西村瑞樹、麒麟・田村裕、ジョイマン・池谷和志、ハライチ・岩井勇気、マテンロウ・大トニーらの「じゃない方芸人オールスター」が集結。番組内で、池谷が藤本に向けて悩みを打ち明けた。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、池谷は「フジモンに今後について長期プランを相談したい」というお題をリクエスト。

 池谷は「すごい悩んでいまして。今一発屋みたいな感じでちょこちょこテレビに出してもらえるんですけど。これがいつまで続くかわらかないので、この20年間くらいどうしたらいいかなって。フジモンさんは20年以上やられているので芸人を。なのでアドバイスを」と、大先輩である藤本に自身の方向性について相談した。

 これに対して藤本は「ムリちゃうか」とバッサリ。その上で少し考え「でもさ、相方がさ、ポエムかなんかですごい。Twitterで。しかもいいポエムやねん。すごい」と、池谷の相方の高木晋哉のTwitterの芸術性が高くて面白いと話題になっていることを指摘。池谷によると38万リツイートされるほどの人気らしく、田村は「ムーディー勝山がおごってくれたやつが“一杯のかけそば”のようなショートストーリーになっていて、面白いとすごい話題になっています」と一つのエピソードを踏まえてそのレベルの高さを説明した。

 藤本が「そこに乗っかるとか、そういうところを目指したら?」と提案すると池谷は「一回、高木のポエムみたいなのを真似して書いたんですよ。すぐに。乗っかろうとしたら。それも軽いニュースになったんですよ。下手くそすぎるって」とすでに試したことがあることを明かした。

 「どんなポエム?」と藤本が問うと「なんかあの~。釣りに行ったんですけど、後輩がベラを釣ったんですよ。本当はタイを釣りに行ったんですけど。外道だからそんなベラなんて釣るなよって僕が言って、結局時間がたって一匹も僕は釣れなかったんです。結局、後輩は『このベラ食べましょうよ』って言ってくれて。そのベラの味はタイより美味しかった。後輩、運転お疲れ様」と、普通の釣りエピソードを紹介。なんとこれが池谷のポエムだったらしく、スタジオは愕然。藤本はポカンとしながら「いやいやいや、ポエムじゃないやん」と冷静にツッコミを入れた。

1/2ページ

最終更新:9/23(土) 15:30
AbemaTIMES