ここから本文です

水揚げ量7年連続日本一、根室の意地だ! 不漁に負けずさんま祭り

9/17(日) 7:00配信

北海道新聞

 【根室】サンマ水揚げ量7年連続日本一の根室市で旬のサンマを味わう「第25回根室さんま祭り」(協賛会主催)が16日、根室港特設広場で始まった。目玉の箱売りは20匹入り3千円で販売され、やや小ぶりだったものの、用意した約1400箱が1時間ほどで完売した。17日まで。

【動画】景色も食事も満喫 レストランバス 調理は車内で

 今季の道東沖サンマ漁は過去最低だった昨季とほぼ同様の不漁。祭り用のサンマの確保が危ぶまれたが、根室・花咲港に16日朝、約450トン水揚げされ、箱売りとつかみ取り大会用のサンマを確保できた。田家(たいえ)徹実行委員長は「サンマを確保して水揚げ日本一の根室の意地を見せたかった。根室の秋を満喫して」と話す。17日は午前9時~午後3時。

 不漁の影響は大きく、10日に釧路市で開かれた「釧路Oh!!さかなまつり」では、主催者による生鮮サンマ即売会が初めて中止に。宮城県気仙沼市で17日に予定された「気仙沼『海の市』サンマまつり」も中止が決まった。

北海道新聞

最終更新:9/17(日) 7:00
北海道新聞