ここから本文です

福知山市全域に避難勧告 牧川と和久川に氾濫の恐れ

9/17(日) 22:52配信

両丹日日新聞

 台風接近に伴い、京都府福知山市は17日午後9時、夜久野地域に避難勧告を発令。。引き続き9時40分に大江地域、11時には三和地域にも発令。これに伴い、旧市域を含む市全域(3万6131世帯、7万9145人)に避難勧告を発令した。

 牧川の水位が急激に上昇し、牧(上川口観測所)で9時50分現在に氾濫(はんらん)危険水位の2.10mを超える3.12mに達した。10時50分現在3.64m。

 国道9号に近い牧の住宅地では側溝の水が溢れて道路を濁流が覆っている。大きな石がゴロゴロと音を立てて次々押し寄せており、屋外に出るのは危険な状態となっている。

 和久川も10時に榎原(上豊富)で氾濫危険水位(1.10m)に達した。大江町二俣の宮川の水位も10時に氾濫判断水位の2mを超える2.40mに上昇した。氾濫危険水位は2.80m。

 市街地を流れる弘法川は下篠尾で9時に氾濫注意水位の1mを超える1.13mとなった。各地で十分な注意がいる。

 避難勧告を発令した夜久野地域は1542世帯、3487人。大江地域は1943世帯、4494人。

民家の裏山崩れる

 大呂で9時15分ごろ、民家裏山の土砂が崩れて窓のサッシを壊し、家屋内に少量の土砂が流入した。住民2人にケガは無く、避難を終えた。地元消防団が現地で対応をしている。

両丹日日新聞社

最終更新:9/17(日) 23:21
両丹日日新聞