ここから本文です

だまされたふり作戦…逆手に取る詐欺、埼玉県警が警戒呼び掛け 偽の警察官、捜査協力求め「お金渡して」

9/17(日) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県の上尾署は15日、上尾市の無職女性(76)が詐欺の電話と見抜いた後に、偽の警察官からの電話を信じ、現金300万円をだまし取られたと発表した。県警は容疑者逮捕のため、偽電話と気付いた人に捜査協力を求める「だまされたふり作戦」を逆手に取る手口として警戒を呼び掛けている。県内では6日に春日部市でも同様の手口で、現金100万円をだまし取られている。

 同署によると、13日午後3時ごろから数回、女性宅においをかたる男から「お金が必要になった。お金を用意できないか」「やっぱり行けなくなった。代わりの者が行く」などと電話があった。女性は詐欺と見破ったが、さらに警官をかたる男から「犯人を捕まえるためにお金を渡してほしい」などと電話があり、信じた女性は翌14日午後3時ごろ、自宅を訪れたおいの同僚をかたる男に現金300万円を手渡した。

 女性はその後、警察から連絡がないため、近くの交番に相談して詐欺と分かった。男は20代半ばで身長約170センチ。黒髪で白のワイシャツに黒のズボン、黒のかばんを所持していたという。

 県警は「だまされたふり作戦を電話だけでお願いすることはありません。本物の現金を渡すよう指示することもありません」としている。

最終更新:9/17(日) 10:30
埼玉新聞