ここから本文です

台風18号 大分県で1時間に約110ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

9/17(日) 9:08配信

ウェザーマップ

 気象庁は、大分県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】
大分県
 佐伯市佐伯付近 約110ミリ(午前9時00分)
 佐伯市鶴見付近 約110ミリ(午前9時00分)
 佐伯市米水津付近 約110ミリ(午前9時00分)

■記録的短時間大雨情報とは
 1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。

大雨・雷・突風 土砂災害など厳重警戒

 台風や活発な前線の影響で、18日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降るおそれがあり、大雨となる見込み。

■18日午前6時までの24時間予想雨量(多い所)
 九州北部、四国、近畿 350ミリ
 九州南部、中国、東海 250ミリ
 関東甲信、北陸、東北 150~200ミリ

 さらに19日午前6時までの24時間予想雨量(多い所)
 北海道 100~200ミリ
 東北  100~150ミリ
 北陸  50~100ミリ

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

暴風・高波・高潮

 九州では海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなっているところがある。台風の接近に伴って、17日は西日本を中心に、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがある見込み。18日にかけては、東日本と北日本でも非常に強い風が吹き、大しけとなるおそれがある。

■予想最大瞬間風速
17日
 九州南部・奄美        50メートル
 九州北部、四国、中国、近畿  45メートル
 北陸、東海、         35メートル
 関東甲信、東北、北海道    30メートル

■予想される波の高さ
17日
 九州南部・奄美    9メートル
 九州北部、四国、近畿 8メートル
 東海         7メートル
 中国、関東甲信    6メートル
 北陸         5メートル

 18日にかけて北日本でも風が強まり、高波となる見込み。

 西日本から北日本では、台風の影響で潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意が必要だ。

最終更新:9/17(日) 14:03
ウェザーマップ