ここから本文です

デンベレは筋肉の負傷でノックアウト

9/17(日) 4:30配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 リーガ第4節ヘタフェ戦、ウスマン・デンべレは左足に異変を感じ途中退場した。FCバルセロナは同選手のけがを認めている。

パウリーニョのゴールがバルサを救う

 RCDエスパニョール戦に続き、ヘタフェ戦でもスタメン出場したデンべレだったが、試合開始から25分で左足に痛みを感じ、退場を余儀なくされた。バックヒールでパスを出したあと、左足ハムストリングに問題が生じたと思われる。けがの瞬間、芝生の上に倒れて異常を訴えたデンベレ。異変がおきていることは明らかだった。

 メディカルチームの診断で負傷が確認され、そのまま選手交代されたデンべレは、左足を引きずりながらピッチを後にしている。このフランス人ウインガーの代わりに入ったのはジェラール・デウロフェウだった。

 チームは公式にデンべレが負傷したことを認めており、今後検査を進める予定であると発表している。

Mundo Deportivo