ここから本文です

三代目J Soul Brothers、複雑な上下関係が発生!?

2017/9/17(日) 0:40配信

ニッポン放送

三代目J Soul Brothersの山下健二郎が、三代目J Soul Brothersのメンバー7人が出演する江崎グリコ「ポッキー」のCMについて語った。

三代目J Soul Brothersが出演する「ポッキー」の新CM「シェアハピ・7人登場」編が、9月5日よりオンエア。このCMは、ポッキーが掲げるブランドスローガンに合わせた“PROJECT:シェアハピ”の一環として放送されているもので、2015年9月に始動した同プロジェクトでは、三代目J Soul Brothersの小林直己、岩田剛典、登坂広臣がイメージキャラクターを務め、リズミカルな音楽とコミカルな“シェアハピダンス”で話題を集めてきた。

3年目となる今回は、メンバー7人全員が揃い、新たな楽曲『J.S.B. HAPPINESS』に乗せて、東京・渋谷の街中に敷かれたレッドカーペットの上で歌を口ずさみながら歩く、という映像作品となっている。

この日の番組では、CMで起用されている三代目J Soul Brothersの新曲『J.S.B. HAPPINESS』がフル尺で初解禁され、近況報告として出演した感想を話した。

「ポッキーのCMに、いよいよ山下も出させていただきました。僕とNAOTOさん、ELLY、(今市)隆二が“新メンバー”としてね。一応、オリジナルポッキーメンバー(小林直己、岩田剛典、登坂広臣)には最初にご挨拶させていただいて、『あの、今日からポッキーのCMに出させていただきます』って。ポッキーの先輩ですから、やっぱり挨拶をしておかないと。

今回は7人全員で出演させていただいたんですけれど、パッパッパラッパッって踊る、“シェアハピダンス”があるじゃないですか?『自分もいよいよ踊れるのかな?』って思っていたら……ちゃうんかい!って(笑)。踊らなかったですね~。渋谷のど真ん中でレッドカーペットの上を歩きました。

踊るためには、やっぱりオリジナルメンバーの許可がいるんですかね?振り付けは以前のCMを見て、完コピしているので、踊る準備はいつでもできているので。ダンスを踊る為にあの3人からの許可が必要だとしたら、NGを出しているのは……岩田か?年下のあいつなのか?(笑)」

今回のCMで初登場となったメンバー4人を「後輩」、岩田剛典をはじめとする3年前から出演している3人を「先輩」と冗談まじりに呼んで、三代目J Soul Brothers全員での出演を喜んだ。

(9月8日(金)深夜放送 ニッポン放送『三代目J Soul Brothers山下健二郎のオールナイトニッポン』より)

ニッポン放送

最終更新:2017/9/17(日) 0:40
ニッポン放送