ここから本文です

デニス・スアレス「誰もこのチームを疑うことはできない」

9/17(日) 6:20配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 ヘタフェCF戦で躍動したたガリシア州出身のミッドフィルダーは、バルサの選手たちのクオリティの高さを主張するとともに、エルネスト・バルベルデ監督の信頼に感謝した。

パウリーニョのゴールがバルサを救う

 デニス・スアレスはヘタフェCF戦で大きな活躍を見せた選手のひとりだ。試合後のインタビューでは、まずチームの逆転勝利を祝福した。「僕たちは逆転する方法を理解していた。リーガを素晴らしい形でスタートしているから、続けて勝ち点3を積み重ねるのが本当に重要なんだ。昨シーズンはこういう試合でポイントを逃していたからね」

 アスルグラナのミッドフィルダーは、後半アンドレス・イニエスタに代わって出場すると、逆転において決定的な仕事をした。「このゴールは僕とチームにとって非常に重要なものだ。これからも試合出続けてチャンスを利用していきたい。何度か話しているけど、アンドレスがプレーしているポジションこそ、僕が最もプレーしやすいポジションなんだ。今節の僕たちは勝利を得た。あとはライバルチームの結果を待つことになる。この勝利は値千金だと思う。本当に大きな価値があるよ」

 先日の理事会でも、今夏の移籍市場における補強が非難されていたが、デニス・スアレスはチームメイトのクオリティの高さを改めて主張した。「誰もこのチームを疑うことはできない。選手たちは信頼を必要としているけど、バルベルデ監督はそれをちゃんと与えている。いろいろなことを言われていたけど、途中出場した選手たちはみんな自信を持っているし、今日の試合ような状況に立ち向かった。パウリーニョは偉大な選手で、ブラジル代表の最近の試合ではキャプテンまで務めている。これ以上言うことはないだろう」

 この試合、バルサの選手全員がピッチコンディションが良くなかったと話しており、デニス・スアレスも同様の意見を述べている。「ピッチはとても乾いていた。芝が長かったのから、プレーするのにとても苦労したよ」

執筆者:Ferran Martinez

スポーツナビ サッカー情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ