ここから本文です

元世界1位のプリスコバがコーチのダビド・コティザを解雇 [女子テニス]

2017/9/17(日) 12:00配信

THE TENNIS DAILY

 元世界1位で現在4位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が、コーチのダビド・コティザと袂を別ったことを明かした。プリスコバは昨年12月に、同胞のペトラ・クビトバ(チェコ)の元コーチだったコティザを雇ったばかりだった。

【写真】「AEGON国際イーストボーン」で今季3勝目を挙げたカロリーナ・プリスコバ

 コティザとともにプリスコバは3つのWTA大会で優勝。彼女は全仏オープンで準決勝に進み、全米オープンでは準々決勝で敗れて、ナンバーワンの地位を失っていた。

 金曜日にプリスコバは地元メディアに向けたメッセージの中で、彼女とコーチは「私のさらなる上達のための戦略」において合意に達することができなかった、と説明している。誰がコティザの代役となるのかは今のところはっきりしていない。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 29: Karolina Pliskova of the Czech Republic reacts after defeating Magda Linette of Poland in their first round Women's Singles match on Day Two of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 29, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

最終更新:2017/9/17(日) 12:00
THE TENNIS DAILY