ここから本文です

痛みは骨折以上、炭酸水を飲んで失神する人も… レディー・ガガ告白の“線維筋痛症”、当事者が明かす痛み

9/17(日) 16:10配信

AbemaTIMES

 奇抜なファッションとメッセージ性の高い歌で日本でも大人気のアメリカ人歌手レディー・ガガさん。親日家としても知られ、2011年に東日本大震災が発生した際には日本に祈りを捧げるブレスレットをデザイン、利益を全て被災者救済のために寄付した。

 そんなガガさんが今年12月からの活動休止を発表し世間を驚かせていたが、12日に「線維筋痛症」を患っていることをTwitterで明かした。

 線維筋痛症は、関節や筋肉などの強い痛み、全身のこわばりなどを引き起こす病気だ。症状がひどい場合には、光や音などあらゆる外的刺激が痛みとなって現れ、社会生活を行うことが困難になることもある。日本国内でも200万人の患者がいるとみられているが、原因は未だはっきりとわかっていない。

 今、線維筋痛症の患者に必要なものとは? 『AbemaPrime』(AbemaTV)では線維筋痛症を患っている当事者の方に話を聞くことができた。

痛みは骨折並かそれ以上

 シンガーソングライターの如月まぁやさんは、6年前の高校1年生の時から線維筋痛症を患っている。光や音でも痛みを感じるというが、「何をしていても、何もしなくても痛いので、だったら好きなことをやって楽しく生きていきたい」とシンガーソングライターとして活動している。今回、ガガさんが線維筋痛症を公表したことについては「これを機に、日本のたくさんの方が病気について知って理解してくれるのではないかと期待しています」と話す。

 如月さんは常に全身の痛みを感じ、それに伴って不眠や口ごもり、思考が遅くなるなど付随した症状がたくさんあるという。症状を自覚したのは高校1年生の3月で、ピアノを弾いている時の左手の違和感。最初は腱鞘炎と言われていたが、治療しても症状は悪化する一方で、手から両腕、肩、腰と痛みが広がっていったという。そして、1年後に線維筋痛症の病名がついた。

 如月さんの主治医でもある東京リウマチ・ペインクリニック院長の岡寛氏は、約600人の線維筋痛症の患者の治療にあたってきた。岡氏は「痛みを定量化する装置で、帯状疱疹後の疼痛が200くらいで三叉神経痛が300くらいの痛み度。線維筋痛症は650~700くらい。骨折が1000くらいなので、三叉神経痛と骨折の間くらいの非常に重度の痛みを持っている」と線維筋痛症の痛みについて説明する。なお、如月さんの数値は「1800」。如月さんは食事時に痛みは感じないが、炭酸水を飲んで気絶してしまう人もいるという。

1/3ページ

最終更新:9/21(木) 12:39
AbemaTIMES