ここから本文です

【MLB】青木宣親が1番起用で躍動、右へ左へ二塁打! マルチ安打で連敗脱出貢献

9/17(日) 10:58配信

Full-Count

メッツは連敗5でストップ

 メッツの青木宣親外野手が16日(日本時間17日)の敵地ブレーブス戦で2本の二塁打を放ち、7-3の勝利に貢献した。メッツはこれで連敗を5で止めた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 青木はこの日、「1番・右翼」でスタメン出場。2-0と2点リードの3回先頭で迎えた第2打席で相手先発右腕ディッキーの2球目を捉え、右翼フェンス直撃の二塁打をマークした。続く二モーのタイムリー二塁打でチーム3点目のホームを踏むと、5-1と4点リードの7回先頭で迎えた第4打席では2番手右腕シムスから左中間へ二塁打。その後、1死一、二塁からスミスが走者一掃の2点二塁打を放ち、青木は6点目のホームを踏んだ。

 今月2日(同3日)のアストロズ戦以来となる1番スタメン出場となった青木は今季15度目のマルチ安打で5打数2安打2得点の活躍。打率は.270となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/17(日) 10:58
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ