ここから本文です

“叩き上げ”の王者・武尊「僕は誰よりもハングリー」 中国の強敵相手に9.18K-1で初防衛戦

9/17(日) 21:00配信

AbemaTIMES

9月18日のK-1さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会(18日(月)14:30~AbemaTVで生中継)。で、フェザー級王者の武尊が初防衛戦を行なう。

対戦相手はワン・ジュングァン。そのアグレッシブな闘いぶりから“中国の武尊”と呼ばれる選手だ。Krushに参戦し、勝利するとリングサイドの武尊に対戦要求。これを武尊が受けたことでタイトルマッチが実現した。

相手が攻撃的な強敵だからこそ「絶対に倒して勝つ」と言う武尊。今年は2戦2勝2KO。これまでのキャリアでは果たせていない、年間全試合KOという予告を「有言実行」(武尊のモットー)に近づけるためにもKOしたいところ。

新生K-1のエースとして人気が高まるにつれ、テレビや雑誌などメディア露出も増えている武尊。それだけ忙しくなっているのだが、K-1を世に広めるためならどんな苦労も厭わない。移動時間を体のケアにあてるなど、より濃密な日々を過ごしているようだ。

また現在は専門家の指導のもとで本格的なフィジカルトレーニングも。フィジカルトレーニングというと“筋力アップ”のイメージが強いが、武尊によれば大きかったのは「体の使い方を変えた」こと。そのことによって「パワー、スピード、スタミナすべて上がった」という。K-1で2階級制覇を達成してもなお、伸びしろを見出したというわけだ。

また今回のタイトルマッチに関して「守る試合は絶対にしない。挑戦する試合をしようと思ってます」と武尊。それはウェルター級王座決定トーナメントもある中で大会の“主役”の座を取りたいという思いからでもあり、K-1をより大きくしていくという意味でも、やはり気持ちはチャレンジャーなのだ。

しかも今回は、新たな格闘技大国となった中国の選手が相手。以前ユン・チーと闘って以来、中国人ファイターの強さ、その背景に興味があったと武尊は言う。中国格闘技界は経済発展とともに大会も選手もスケールアップ。設備の整ったジムには外国人コーチがいることも珍しくないそうだ。そういう恵まれた環境で強くなった選手に負けたくないという思いが、武尊にはある。

武尊は地方出身であり、東京でも小さなジムで仲間たちと協力し合って強くなった。選手同士でミットを持つのも当たり前だ。武尊にとって、この試合は“叩き上げ”の王者が“エリート”の挑戦者と激突するものでもある。そうしたすべての意味をこめて「僕は誰よりもハングリー」だと武尊。どれだけ結果を出し、人気者になっても、そのギラギラした魅力はまったく薄れていない。

最終更新:9/17(日) 21:00
AbemaTIMES