ここから本文です

バルサ、予想を上回る最高のスタート D・スアレス「様々なことを意見されてきたけど……」

9/17(日) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ヘタフェ戦では交代選手まで爆発

まだ全てを判断するには早すぎるが、バルセロナの立ち上がりが驚くほどに良い。リーグ戦で開幕3連勝、チャンピオンズリーグでユヴェントスを撃破したチームは16日にアウェイでヘタフェと対戦し、そこでも2-1の逆転勝利。ヘタフェのMF柴崎岳にスーパーゴールを決められる嫌な展開だったが、それを跳ね除ける強さを見せた。

スペイン紙がバルベルデの采配を称賛

何より大きかったのは得点を決めたのが交代選手だったことだ。ここまではリオネル・メッシの爆発が大きかったが、この試合ではまず後半から出場したデニス・スアレスが同点弾を決め、終盤には新加入のパウリーニョがゴールを決めた。中でもパウリーニョは補強する必要があったのかと疑問視されていた選手だけに、いきなり結果を出したのは大きい。

スペイン『MARCA』によると、同点弾を決めたデニス・スアレスは開幕前から様々な批判があったことを理解している。しかしスアレスはそうした認識に間違いがあると主張しており、チームが十分な強さを誇っていると手応えを口にしている。

「僕たちはリーガで良いスタートを切った。僕たちは開幕前から様々なことを意見されてきたけど、良い陣容が揃っていると思う。人々は誤解すべきではないね。選手として僕たちは自信が必要で、監督がそれを与えてくれているんだ」

今季はネイマールが退団したこともあってレアル・マドリードに圧倒的なリードを許すのではないかと不安の声もあったが、良いスタートを切ったのはバルセロナの方だ。もちろんまだシーズンはスタートしたばかりで、これだけでレアルより優位な立場にいるとは言えない。しかしメッシの爆発やパウリーニョの得点など、序盤から自信をつけられる内容が多かったのは注目すべきポイントと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合