ここから本文です

グロージャン、水しぶき+照明による視界悪化を懸念。決勝レース中に雨が降る可能性も

9/17(日) 19:40配信

motorsport.com 日本版

 シンガポールGPの決勝レース中に雨が降る可能性があるため、ハースのロマン・グロージャンは視界が悪くなることを懸念している。

【写真】土砂降りに見舞われた夕方のマリーナベイ・ストリート・サーキット

 F1シンガポールGPの決勝レースまであと4時間というところで、サーキットは土砂降りに見舞われた。路面状況も悪く、サポートレースのポルシェ・カレラカップのスタートも遅れた。

 またF1の決勝レースが行われる時間に、再び雨が降る可能性が残っている。

 グロージャンは、この雨の中で今晩F1マシンをドライブすることはおそらく不可能であり、水しぶきと照明が相まって視界が大いに制限されてしまうと考えている。

 今晩レースができると思うか尋ねると、彼はこう話した。

「わからない。でも僕はこういうレースでは常に不安がある」

「照明がとても明るくなっている状況で水しぶきが上がると、とても視界が悪くなる。でもどうなるか見てみよう。それがどのように作用するかはわからない」

Jonathan Noble