ここから本文です

祝砲33号 ホークス・デスパイネ 来日初美酒「最高の気分」

9/17(日) 11:05配信

西日本スポーツ

 デスパイネが来日初のリーグ優勝に花を添える“祝砲”を放った。5点リードの7回1死、ガルセスの146キロ真っすぐをバックスクリーンに放り込んだ。3戦連発のリーグ単独トップ33号は、優勝を決める試合にふさわしい豪快な一発。「自分だけでなく、チーム一丸となっていい打撃ができた」と声を弾ませた。

【写真】復刻!2015年優勝時のヤフオクドームでの胴上げ

 5回1死二、三塁では右前2点打も放ち、3打数2安打3打点。今季の打点もトップの柳田に1点差の97として、打撃2冠を狙える位置にいる。

 ホークスの昨季のチーム本塁打数はリーグ3位の114本。ロッテでの3年間に54本塁打を放ったキューバの大砲は、補強ポイントに合致していた。デスパイネは柳田と競い合う中で破壊力を増し、本塁打、打点ともに自己最高を更新。今季のチーム本塁打は12球団トップの150本だ。

 常勝軍団で初の胴上げを味わうと、ヘルメットをつま先につける本塁打後恒例のポーズでチームメートと記念撮影。「最高の気分だよ。やっと勝てた」と笑みがはじけた。

西日本スポーツ

最終更新:9/17(日) 11:05
西日本スポーツ