ここから本文です

笑福亭鶴瓶と甲斐よしひろが語る“大阪事件“の真相

9/17(日) 6:00配信

ニッポン放送

笑福亭鶴瓶のラジオ番組に、プライベートでも親交の深い甲斐バンドの甲斐よしひろが出演し、数十年前に起きたある「事件」について語った。

この日の放送では、二人の中でとても印象的だったというプライベートでのとある事件について、初めて二人の証言が揃った“決定版”が披露された。

その事件というのは、大阪の街で鶴瓶と甲斐が夜遅くまで飲み歩いていたときのこと。もう一軒飲めるお店を探している途中で、シャッターが40cmほど開いているお店を発見した二人は、“閉店しているのか・・・”とは思わずに、そのシャッターを押し開け、お店の中へと入っていったという。

すると目の前の厨房で、歯を磨く裸の女性と出くわしたそうだ。しかし相当酔っていた二人はそのお店に居座り、そばに置いてあった下着を貰おうとしたりとやりたい放題(その下着は未使用のものだと知り、持って帰ることは無かった)。それでもその女性は動じずに、お店を再開させてくれたそうだ。甲斐さん曰く20分後、奥から男の人が申し訳なさそうに出てきたという。その人こそが店主だそうで、鶴瓶と甲斐が騒いでいるのを聞いて出るに出られなかったそうだ。

そのあとはみんなで楽しく飲んだそうで、甲斐は歌も披露したとか。鶴瓶は、甲斐のそういうところがズルいと口をとがらせていたが、とても楽しい夜で帰る頃には朝になっていたそうだ。

何十年も前のエピソードだというが、二人はまるで昨日のことのように鮮明に覚えている様子だった。そして当時も、それぞれが自分の番組でこのエピソードを話したこともあったそうだが、二人一緒の空間で話をしたのは初めてだそうで、今回の放送が嘘の無い決定版だと語っていた。

(9月10日(日)放送 ニッポン放送「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」より)

ニッポン放送

最終更新:9/17(日) 6:00
ニッポン放送