ここから本文です

台風、18日未明に神奈川県へ最接近

9/17(日) 18:50配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜地方気象台は17日、台風18号の接近に伴い、県内は同日夜遅くから雨が激しくなるとして、注意を呼び掛ける気象情報を発表した。台風が最接近するのは18日未明とみているが、今後の速度次第で早まる可能性もあるという。

 気象台によると、17日午後5時現在の総雨量は箱根町で129・5ミリ、相模原市緑区で63・5ミリ、横浜市中区で62・0ミリ。

 同日夜遅くから18日未明にかけて、東部で1時間に40ミリ、西部で同50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。同日夕までの24時間に予想される雨量は多い所で東部80ミリ、西部100ミリを見込んでおり、18日明け方にかけて南西の風が非常に強く吹くと予想している。