ここから本文です

レアルに続きバルサからゴールの柴崎…スペイン紙「彼はどこまで行くんだ」

9/17(日) 0:37配信

ゲキサカ

[9.16 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1-2バルセロナ]

 MF柴崎岳が再び世界を震撼させた。ヘタフェは16日、リーガ・エスパニョーラ第4節でバルセロナとホームで対戦。4試合連続スタメンの柴崎は前半39分に先制ゴールを奪い、リーガ1部初得点を挙げた。スペイン『アス』では昨年12月のクラブW杯決勝レアル・マドリー戦での2ゴールを引き合いに出し、柴崎を賞賛している。

 その時が訪れたのは前半39分。味方からの落としにPA手前やや左の柴崎が反応すると、ボールの落ち際を左足で叩く。鋭くドライブがかかったシュートをゴール右に突き刺し、リーガ1部初得点を記録した。

 この衝撃のスーパーゴールにスペイン『アス』の英語版ツイッター(@AS English)も反応している。当時のレアル戦以後の記事を再掲し、C・ロナウドらと映った鹿島時代の写真とともに「クラブW杯でレアルを引き裂いたのと同じ人物」とツイート。さらに「テネリフェは昨季に彼を獲得した。ヘタフェは彼をリーガ1部にアップデートさせた。次の行き先?誰にも分からない」とコメントした。

 レアルに続いてバルセロナから得点を挙げた柴崎は、現地でも大きなインパクトを残したに違いない。

最終更新:9/17(日) 1:07
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ