ここから本文です

[東海]東園大は4発勝利で後期開幕白星!静産大はFW藤田2発で首位キープ:第12節

9/17(日) 12:29配信

ゲキサカ

 第56回東海学生サッカーリーグ1部の後期開幕戦にあたる第12節が13日に各地で行われた。前期首位・静岡産業大は静岡大に3-2で勝利し、後期を白星でスタートした。総理大臣杯で8強入りを果たした東海学園大、常葉大学浜松キャンパスもそれぞれ勝利を飾っている。

 静産大は前半25分にFW藤田脩人(4年=湖東高)の左足シュートで先制。同38分にはMF大木竜平(3年=静岡学園高)のパスからFW遠山拓民(3年=甲府U-18)が今季7点目を決めて、リードを広げた。

 後半10分に静岡大のMF内海徹也(4年=川和高)に1点返されるが、同25分には藤田がこの試合2点目を決めて3-1。同36分に再び内海に2点目を決められるも、静産大が3-2で勝利し、首位キープに成功した。

 東園大は名古屋商科大と対戦。開始早々先制を許したが、前半8分にDF仲啓輔(4年=藤枝明誠高)の左CKをMF細見孟史(3年=中央学院高)が右足で押し込み、同点に追いつく。

 前半34分にFW山田哲也(4年=日本航空高)、同35分にMF奥村南斗(3年=綾羽高)が立て続けに得点を決め、後半10分に1点を返されるが同19分にMF竜田和哉(4年=大阪桐蔭高)がダメ押しの4点目を決め4-2で試合終了。東園大はリーグ12戦35得点とする高い攻撃力で後期初戦を白星で飾った。

 中京大は名古屋学院大と対戦し、1-0で勝利した。シュート20本という猛攻で名院大ゴールに迫ると、試合終了間際の後半アディショナルタイム2分に決勝点。MF西村仁志(4年=野洲高)の右足シュートのこぼれ球をMF及川純平(3年=磐田U-18)が右足で押し込み劇的決勝弾とした。

 常葉大浜松と岐阜経済大の対戦は、岐経大が前半18分に先制。しかし常葉大浜松は同29分にMF土井智之(2年=神戸弘陵高)、MF上田成立(1年=磐田U-18)のパスワークからFW濱田駿(4年=浦和東高)が右足ワンタッチで同点弾を決める。同37分にはDF水野広夢(4年=清水桜が丘高)のクロスを濱田が頭で合わせ、2-1で逆転勝利した。

 それぞれ勝利した東海学園大、中京大、常葉大学浜松キャンパスは勝ち点25で並んでおり、勝ち点2差の首位・静産大を追いかける。

 四日市大はFW棚橋快斗(3年=浜名高)が試合終了間際に得点を決め、名古屋経済大に1-0で勝利。上位陣を追う愛知学院大は中部大に2-0を下した。前半18分にMF藤吉武蔵(2年=福岡U-18)が先制点。直後の同21分にはMF八久保翔(4年=秀岳館高)のパスからMF牛嶋幹太(2年=東福岡高)が右足シュートを決めて完封勝利した。

結果は以下のとおり

静岡産業大 3-2 静岡大
[産]藤田脩人2(25、70分)、遠山拓民(38分)
[静]内海徹也2(55、81分)

愛知学院大 2-0 中部大
[愛]藤吉武蔵(18分)、牛嶋幹太(21分)

東海学園大 4-2 名古屋商科大
[東]細見孟史(8分)、山田哲也(34分)、奥村南斗(35分)、竜田和哉(74分)
[名]西眞田章渡(3分)、重本大弥(55分)

名古屋経済大 0-1 四日市大 
[四]棚橋快斗(88分)

中京大 1-0 名古屋学院大
[中]及川純平(90分+2)

常葉大学浜松キャンパス 2-1 岐阜経済大
[常]濱田駿2(29、37分)
[岐]谷口海斗(18分)

最終更新:9/17(日) 14:32
ゲキサカ