ここから本文です

台風18号、18日昼前にかけ青森県最接近

9/17(日) 22:18配信

Web東奥

 大型の台風18号は17日、西日本を縦断しながら北東に進んだ。青森県には18日明け方から昼前にかけて最接近し、県内は西よりの猛烈な風と大雨に見舞われる見込み。青森地方気象台は17日午後9時すぎ、津軽と下北に暴風警報を発令、土砂災害などへの警戒を呼び掛けた。県内の各交通機関では運休や欠航などの動きが出ている。

 18日の県内は、朝から昼前にかけて津軽と下北を中心に雷を伴い、一部地域では1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るもよう。同日午後6時までに予想される24時間雨量は多いところで津軽と下北が140ミリ、三八上北が130ミリ。予想される最大風速は陸上20~23メートル、海上25~30メートル、最大瞬間風速は陸上35メートル、海上35~45メートル。

 青森空港管理事務所によると17日、台風の影響で日本航空(JAL)などの航空3社で青森-伊丹間、青森-名古屋間の計6便が欠航した。JALと全日空(ANA)によると、18日は朝から昼すぎにかけて青森空港発着、三沢空港発着の計16便が欠航。フジドリームエアラインズ(FDA)は天候調査後に運航の可否を決定する。

 他の交通機関でも18日の欠航や運休を決める動きが出ている。川崎近海汽船によると、八戸-苫小牧間を結ぶシルバーフェリーは全便欠航。津軽海峡フェリーによると、大間-函館間の一部便で欠航が決まり、青森-函館間は天候調査中という。青函フェリーも青森-函館間で一部便が欠航、「北海道側の天候もあり、少なくとも午前中の運航は厳しい」(同社担当者)としている。鉄路では、JR八戸線が始発から普通列車上下6本を運休。弘南鉄道が弘南、大鰐両線で正午ごろまでの運行見合わせを既に決めている。

 津軽地方では17日、収穫期を迎えたリンゴの収穫を急ぐ農家の姿が見られた。弘前市東目屋地区で早生種つがるを収穫していた佐藤健勝さん(62)は「今年はつがるの生育が早く、直撃を避けられるだけまだ助かった。1991(平成3)年の台風19号被害はひどかった。中晩生種がどれくらい落ちるか心配だ」と表情を曇らせた。

 青森市油川地区の国道280号バイパス沿いで行われている「かかしロード280」では、同実行委員長の永井幸男さん(61)がシンボルの大型かかし「ピコ太郎」を針金などで補強。「見に来る人も多いし倒れないようにしないと」と話した。

 県内の各市町村は、避難所を開設するなど受け入れ準備を進めている。東奥日報紙取材によると17日午後10時現在、弘前市、つがる市、平川市、藤崎町の避難所に計34人が避難した。つがる市木造地区の木造農村環境改善センターには高齢女性3人が身を寄せ、そのうちの1人は「それてくれればいいけど」と心配そうに話した。

 18日に青森市、八戸市、上北地方の3地区で予定されていた中学校体育大会秋季大会は、一部競技の順延を決定。青森市のアスパムで開催中の「アスパム秋まつり」も18日の開催を中止するなど、各地でイベント中止や施設休館の動きも相次いだ。

東奥日報社

最終更新:9/18(月) 9:06
Web東奥