ここから本文です

大型台風18号 発達しながら日本海を北上 広範囲で暴風に警戒(18日5時)

9/18(月) 5:07配信

ウェザーニュース

 18日4時現在、大型の台風第18号は、新潟市の北約60kmを1時間におよそ80kmの速さで北東へ進んでいます。
 5時には山形県酒田市の西約30kmにあって、1時間におよそ80kmの速さで北東へ進んでいるものと推定されます。
 今後台風は日本海を発達しながら北北東へ進み、18日昼前に北日本に上陸する見込みです。

 台風の暴風域は3時の時点で無くなりましたが、次第に温帯低気圧の性質を帯るため、暴風域や強風域が広がり、図中のピンク色で囲まれた範囲では暴風域に入るおそれがあります。台風の中心から離れた地域でも、暴風や強風に警戒・注意が必要です。

▽現在の情報(18日4時現在)
 大きさ    大型
 方向・速さ  北東 80km/h
 中心気圧   980hPa
 最大風速   25m/s
 最大瞬間風速 35m/s


◆18日5時までの雨風実況

<1時間雨量>
 カルルス(北海道) 27.5 mm
 森野(北海道) 23.0 mm
 黒松内(北海道) 21.5 mm
 千軒(北海道) 19.0 mm
 白老(北海道) 17.5 mm

<最大瞬間風速>
 室戸岬(高知) 47.8 m/s
 友ケ島(和歌山) 44.7 m/s
 種子島(鹿児島) 40.0 m/s
 雲仙岳(長崎) 39.6 m/s
 和歌山(和歌山) 38.4 m/s


【暴風・高波に警戒】
 18日は北日本を中心に暴風・強風に警戒が必要です。東北や北海道で30m/s程度(瞬間的に45m/s程度)、北陸では25~35m/s程度の暴風の恐れがあります。

【温帯低気圧の性質を帯びながら北東進】
 台風と温帯低気圧の違いはそのメカニズム(エネルギー源の違い)です。
 温帯低気圧の性質を帯びた後のほうが、広範囲で強風が吹くことがあります。引き続き大雨、暴風に警戒して下さい。

ウェザーニュース