ここから本文です

「CX-8」、注目のシート3列目の様子は? ミニバン需要を奪取なるか

9/18(月) 18:10配信

乗りものニュース

新型「CX-8」発表、ミニバンからSUVへ

乗りものニュース

 マツダは2017年9月14日(木)、新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表、同日より予約受注を開始しました。発売は2017年12月14日です。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

「CX-8」最大の特徴は、SUVながら6人から7人の定員を収容する3列シート。マツダ商品本部主査 松岡英樹さんは「1列目から3列目までのすべての乗員が会話できる圧倒的な静粛性を実現しています」といいます。

 また同社デザイン本部チーフデザイナーの諌山(いさやま)慎一さんは「3列目に大人の方もちゃんと座っていただけるパッケージを持たせながら、伸びやかで美しいプロポーションを両立しています。SUVらしい力強いスタイルをまといながら、スポーティな走りの良さを感じていただけるデザインとしております」と話します。

 エンジンはクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載。

「進化した『SKYACTIV-D』の燃費性能と、72Lというタンク容量によりまして、1137kmという圧倒的な航続距離を実現しています」(松岡さん)

 発表会ではマツダ代表取締役社長兼CEOの小飼雅道さんも登壇、「ミニバン市場は、徐々に、SUVに移りつつあります。SUVにおける3列シート車で、需要を喚起できれば」と話しました。

 なお荷室容量は、3列目シートを倒すと572L、3列目までの定員乗車時には、ゴルフバック2個程度を搭載できる239Lとなっています。

 駆動方式はFFの2WDとAWDで、トランスミッションは6速ATのみ、価格は319万6800円(税込)からです。

乗りものニュース編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ