ここから本文です

金沢志奈がレディース杯ゴルフ初優勝 台風接近で決勝ラウンド中止

9/18(月) 0:26配信

山陽新聞デジタル

 女子プロゴルフのステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディースカップ」(日本女子プロゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)最終日は17日、台風18号の接近に伴い、玉野市の東児が丘マリンヒルズGCで予定していた決勝ラウンドが中止となり、第2ラウンド(計36ホール)を終えて通算8アンダー、136で首位だったルーキーの金沢志奈が初優勝を飾った。新人女王は2015年大会の岡山絵里に続き2人目。

 2打差の2位に谷河枝里子と篠原まりあ、さらに1打差の4位にルーキーの吉本ひかるが入った。金沢は大会を支えるゴルフトーナメント地域活性委員会が贈るベストルーキー賞(10万円)も獲得した。

 表彰式では越宗孝昌大会会長(山陽新聞社会長)が第8代女王の金沢に優勝カップと賞金450万円を贈呈。「天候が良くない中、ひたむきでエキサイティングなプレーは感動を与えた」とたたえた。