ここから本文です

<豊田議員の暴行疑惑>解散総選挙あっても投票しない…遅過ぎる会見に地元あきれ顔「同じことやるだろう」

9/18(月) 22:47配信

埼玉新聞

 元政策秘書の男性に対して暴言や暴行などを行ったとする週刊誌報道を受けて、入院加療中とされる衆院議員の豊田真由子氏(42)は18日、埼玉県新座市内で支援者らを集め、報道に関する事情説明などを行った。報道から約3カ月ぶりに公の場に姿を現し記者会見も行った豊田氏は、今後も議員活動を続けることに意欲を示したが、地元の有権者らは一様に厳しい声を投げ掛けた。

 新座市の会社員男性(48)は議員を続けるかどうかについて「それは自由だが、周りが付いていくか」と疑問符を付け「有権者の票を得て当選しているわけだから、有権者に説明するのが当然。3カ月も何もしないのはおかしい」と遅過ぎる会見に憤った。

 前回の選挙で豊田氏に投票した同市のパート女性(59)は「これまで何もしていないことは責任放棄であり、今取り沙汰されている解散総選挙があっても(豊田氏に)投票はしないと思う」と話した。

 志木市の塗装業男性(58)は「テレビの釈明を見ていても、とても悪いと思っているように見えない。これまでは病院に逃げ込んでいただけだろう。まったく納得していない。秘書が代わっても本人は同じことをやるだろう。議員は辞めた方がいい」とあきれ顔だ。

 同市の保育士女性(29)は「もっと早く出てきて説明するべきだった。議員は辞めた方がいい。市民は信頼できる人に投票する。私は次回の選挙では豊田氏に投票はしない」と話した。

最終更新:9/18(月) 23:25
埼玉新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ