ここから本文です

米メディアが「マー君がヤンキースで投げる最後の日が近づいている」と報道

9/19(火) 5:00配信

THE PAGE

ヤンキースの田中将大(28)がピンストライプのユニホームを着て投げるのは今シーズン限りか。
 地元メディアのニュージャージー・ドット・コムが「ヤンキースは田中の代わりになる投手を同地区ライバル球団から獲得するのか?」という見出しで、ヤンキースと田中の今オフに動向について報じた。

 田中は2014年から7年総額1億5500万ドル(当時のレートで約161億円)の大型契約を結んでポスティングにより楽天から移籍しているが、今季終了後に契約を破棄してフリーエージェントになる「オプトアウト権」を持っている。

 開幕前は、田中が2016年のようにエースにふさわしい成績を残せば、オプトアウト権を行使するだろうと予想されていた。一部の米メディアからは、ヤンキースは早く契約延長交渉を始めるべきだという意見も出ていた。オプトアウトした場合には、フリーエージェント市場に加わることになり、現在の年俸を上回る2500万ドル(約27億7000万円)ほどを手にするのではないかとも予測され景気の良い話が多かった。

 しかし、いざシーズンが始まってみれば、田中は早い回にKOされる試合が続いた。夏以降はようやく持ち直し、12勝11敗の数字だが、防御率は4.73でメジャーの4年間では最悪のシーズンとなっている。

 そのような経過もあって、ニュージャージー・ドット・コムは、田中がオプトアウト権を行使した場合、ヤンキースは田中とは交渉せず、田中の代わりになる別の投手の獲得に動くのではないか、と予想しているのだ。

 同記事は「マサヒロ・タナカが、ピンストライプを着て最後の先発をする日が近づいてきていることを意味するかもしれない。もし、ヤンキースがワイルドカードタイトル争いの試合をルイス・セベリーノに任せるとしたら、田中のニューヨークでのレギュラーシーズンの先発は2試合を残すだけになるかも」と書いた。

 さらに「これはまだ仮定の話ではあるが、もし今オフに田中がオプトアウトを行使してフリーエージェントになれば、ヤンキースはコストの低いベテランに田中の穴埋めをさせることを考えるかもしれない」と続けた。そのベテランに該当するのは、タンパベイレイズの右腕、アレックス・カッブではないかと予想。カッブは9月17日終了時点では、28試合に先発し173回1/3を投げ、防御率3.63だ。確かに今季の田中より好成績を残している。

1/2ページ

最終更新:9/19(火) 12:00
THE PAGE