ここから本文です

スティング、コステロら、レナード・コーエンの追悼公演に出演

9/19(火) 13:07配信

BARKS

昨年11月7日82歳で永眠したレナード・コーエンの家族は、一周忌を迎える11月6日にコーエンの生まれ故郷カナダ・モントリオールで追悼公演<TOWER OF SONG: A MEMORIAL TRIBUTE TO LEONARD COHEN>を開くことを発表した。

◆レナード・コーエン 関連画像

息子アダムをはじめ、エルヴィス・コステロ、スティング、ラナ・デル・レイ、ファイスト、フィリップ・グラス、k.d.ラング、ダミアン・ライスらが出演するという。今後、さらなるアーティストが告知される。カナダ首相とケベック州首相も出席するそうだ。

息子のアダム・コーエンは「父は亡くなる前、僕に指示書を残していた。マツ材の棺に入れ両親の隣に埋葬しろ。LAで親しい友人と家族によるささやかな式を開け…。そして、もし一般向けのイベントを開きたければ、モントリオールでやれと。このコンサートにより、僕は父に対する任務を全うすることになる」と、話している。

また、コーエンが亡くなる直前に発表したアルバム『You Want It Darker』は、カナダ人アーティストが制作したアルバムの中からその年の最優秀作品を選出する音楽賞Polaris Music Prizeの候補に挙がっており、現地時間の月曜日(9月18日)夜開催される授賞式で、収録曲の1つ「Leaving The Table」のミュージック・ビデオがプレミアされるという。

Ako Suzuki

最終更新:9/19(火) 13:07
BARKS