ここから本文です

中指立てたり、フェンスにまたがったり…徳島がサポーター5名を処分、1団体は活動禁止に

9/19(火) 21:24配信

ゲキサカ

 徳島ヴォルティスは19日、2日に敵地で行ったJ2第31節の松本山雅FC戦であったサポーターによる観戦ルール違反行為について、1名にホームゲーム5試合の入場禁止処分、4名に厳重注意処分を科したことを発表した。また、今回の行為者が所属するサポータークラブ1団体が登録を抹消され、活動禁止となっている。

 入場禁止となった1名は、ピッチ内に向けて中指を立てる「侮辱的行為」を行ったことによる処分。すでに10日から発効しており、5試合は今季の残りホームゲーム全試合にあたる。また、その間のアウェーゲームも対象となるという。

 厳重注意の4名は「試合中~試合終了時に、フェンスや手すりに腰を掛けたり、またがったりする」形で応援をしていたことによる処分としている。

 徳島は9日に違反行為の発生をすでに発表していたが、公式サイトでは改めて、「ご迷惑をお掛けした松本平広域公園総合球技場でご観戦された全ての皆様、運営主管である松本山雅FC様をはじめとする関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

最終更新:9/19(火) 23:48
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ