ここから本文です

「旧車會」が安全運転宣言! 富津署摘発、ルール順守へ

9/20(水) 10:10配信

千葉日報オンライン

 暴走族OBらがオートバイで集団走行する「旧車會」のメンバーが、千葉県警による摘発をきっかけに富津署で安全運転宣言式を行った=写真。主に神奈川県内に住む男女12人が参加し、グループの代表者が「交通安全を心掛けます」などと荒川真署長の前で宣言した。

 県警によると、昨年12月18日、神奈川県から東京湾アクアラインを通って県内に走行してきた37台を県警ヘリが追尾。富津市内の国道127号で蛇行運転などを繰り返したとして、県警は今年6~7月、このうち30~40代の男3人を道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。

 摘発を機に、当時走行していたメンバーを含む12人が安全運転宣言式に参加し、全員が誓約書を同署に提出した。講習会も行われ、県警交通捜査課の担当者が、ナンバーを折り曲げるなどの禁止行為が明確化された昨年4月の法改正について説明した。