ここから本文です

山田孝之、“文春砲”乱入に動じず 念願の鷹の爪声優参加も「収録部屋は1畳…」 【動画付き】

9/21(木) 18:31配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の山田孝之が21日、都内で行われたDCコミックスのヒーロー、ジャスティス・リーグと低予算フラッシュアニメ「鷹の爪」がコラボレーションした新作映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席。同作にバットマンの声優として参加しているが「ふつうにうれしかった。鷹の爪さんとやらせてもらえることもうれしかったです」と声を弾ませた。

【写真】完成報告会見に出席した知英

 大のバットマン好きとしても知られる山田だが「収録は1畳くらいの部屋で、監督と2人で声を録っていきました。基本的にはずっと同じテンションでいくので、正直そこだけだと面白くないのですが、ちょっと遊べる箇所があって、そこがすごく面白かったです」とにっこり。報道陣から「バットマンの声で答えてください」とのリクエストを受けるも「普段はサービス旺盛なんですが、風邪を引いていまして…」と謝りながら「某大統領のパートで『中国持って来い』っていうのが良かったですね」とお気に入りのセリフを明かした。

 会見には、鷹の爪と週刊誌『週刊文春』とのコラボによって誕生したキャラクター・文春くんも乱入。山田をはじめとしたキャスト陣に「週刊文春ならではの質問ということで、皆さん何か後ろめたいことはありますか?」と追及するも、誰ひとりとして全く動じず。「このカメラで山尾志桜里さんのスキャンダルを撮りました」とアピールするも、FROGMAN監督から「あんまり失礼なことを言わないでください」とツッコミを受けていた。

 「鷹の爪」劇場版第9弾となる本作は、スーパーマン、バットマンなど世界的に有名なキャラクターを抱えるDCエンターテイメントとの超格差コラボが実現。ジャスティス・リーグに所属するスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役としてジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインが登場する。

 会見にはそのほか、知英、男女2人組ロックユニット・GLIM SPANKY、ベーシストのKenKen、プロレスラーのオカダ・カズチカ、ラッパーのDOTAMA、バト田とスパ田の着ぐるみも出席。同作は、10月21日より公開される。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:9/28(木) 17:41
オリコン