ここから本文です

日立金属と米子会社がアモルファス金属の技術流出で中国5社をITCに提訴

2017/9/21(木) 6:02配信

鉄鋼新聞

 日立金属と米国子会社のメトグラスは米国時間19日、米国国際貿易委員会(ITC)に対し、安泰科技など中国のアモルファス金属メーカー5社と日立金属元社員が同金属の製造技術に関連してメトグラスなどの営業秘密を不正に取得、使用しているとして、米国関税法337条に基づく調査開始を申し立てた。
 「日立金属とメトグラスの営業秘密の侵害認定」、米国への輸入を禁止する「一般排除命令(GEO)」、すでに米国に輸入された製品の在庫処分などを禁じる「停止命令と違反時の罰金」を求めて、ITCに提訴した。
 GEOは被申立人の製品に限定せず、訴因に該当する製品(アモルファスリボン、アモルファスコア、これらの使用製品)の米国への持ち込みを禁止する。停止命令は被申立人に対し不公正方法・行為の停止を命じる。
 ITCは30日以内に調査開始の有無を決定し、調査開始後は18カ月以内に裁定を下す。日立金属とメトグラスはITCの対応を踏まえ、被申立人に損害賠償請求を行う可能性がある。日立金属グループはアモルファス金属の世界最大手。

最終更新:2017/9/21(木) 6:02
鉄鋼新聞