ここから本文です

【映像】手洗いを忘れずに バイ菌から身を守る方法

2017/9/21(木) 17:36配信

アフロ

 公共交通機関を使う市民が、1日のどれだけの細菌やバクテリアに接触しているか、英イースト・アングリア大学の科学者らが実験してみた。数百万人が皮膚感染症、呼吸器感染症、さらには食中毒にまで無防備になっている可能性がある。
 実験は、白い手袋をして地下鉄に乗車するとう単純なものだが、券売機や駅階段の手すり、電車のドアの開閉に押すボタン、車内で掴まる吊り輪などからどれだけの細菌やバクテリアに接触したかを調べるのが目的。
 皮膚感染、副鼻腔炎および食中毒などの呼吸器感染を引き起こす黄色ブドウ球菌や、日和見病原体を含むシュードモナス種の細菌なども確認された。また、空気中や表面上に浮遊する胞子によって広がる数種類の真菌も見出された。
 これらの菌から身を守る手段というと、定期的に手を洗うことだそうだ。

(イギリス、ロンドン、9月20日、映像:SWNS/AFLO)

最終更新:2017/9/21(木) 17:36
アフロ