ここから本文です

イチロー契約延長の条件とは? MLB公式HPが担当記者の見解伝える

9/22(金) 8:50配信

デイリースポーツ

 大リーグ公式サイトは21日(日本時間22日)、「18年マーリンズにイチローの場所はあるか?」とのタイトルで球団に選択権があるイチロー外野手(43)の来季契約について担当記者の見解を伝えた。

【写真】イチローが対抗心「151キロぐらいやったら俺も多分、出る」

 イチローの来季の年俸は200万ドル(約2億2千万円)。球団は実業家のシャーマン、元ヤンキースのジーター両氏を中心とする新オーナーへの売却が基本合意に達しており、早ければ来月にも正式発表される。

 ファンからのイチローの契約に関する質問に応じたジョー・フリサロ記者は「新しいオーナーグループにとって興味深い決断になる」とし、10月22日に44歳になるイチローが今季は自己最少の187打数(21日現在)で打率・262、出塁率・327の成績を残していることを紹介した。

 イチロー再契約の条件として最初に挙げたのは、投手陣の構成だ。今季と同じ13人(先発5人、中継ぎ8人)となれば、「第4(控え)外野手が内野を全く守れないと難しくなる」。また、再契約したとしても、スタントン、オズナ、イエリチの20代の主力外野手3人に今季のように怪我がなければ、「出場機会はさらに減ることになる」とした。

 また、同記者は「もしチームが再建することになれば、イチロー再契約の可能性は高くなるかもしれない。なぜなら若いチームにとって必要なベテランの存在になりうるからだ」と、新オーナー陣の方針が大きく影響することも伝えた。

 イチローのメジャー通算安打数は3079本。同記者は「多くの人たちが彼に記録を伸ばす機会を与えて欲しいと思っていることを私は知っている」との一文で結んだ。

Yahoo!ニュースからのお知らせ