ここから本文です

「維新」対「反維新」激突の堺市長選をデータから読み解く。現職がやや優勢、新顔が懸命に追う?

9/22(金) 7:00配信

選挙ドットコム

「維新」対「反維新」激突の堺市長選をデータから読み解く。現職がやや優勢、新顔が懸命に追う?

大阪維新の会新人・永藤英機氏(前府議)と、無所属の現職で3選をめざす竹山修身氏(自民党、民進党、日本のこころ、社民党大阪府連推薦、共産党は自主的支援)による一騎打ちが展開されている堺市長選挙は、24日に投開票が行われます。

国政では、与野党に分かれている自民、こころ、民進、共産、社民が「対維新」という一致点で共闘し、現職の竹山氏を推薦・支援しているのに対し、維新は府議を辞職した新人・永藤氏を擁立し激しい戦いが繰り広げられています。

これまでの報道では、「現職がやや優勢、新顔が懸命に追う」(朝日新聞)、「現職が先行」(読売新聞、共同通信)などとなっています。
【「維新」対「反維新勢力」激突】の堺市長選挙について、過去の選挙結果を踏まえデータから読み解きます。※得票数の按分票は切捨調整

(1)前回13年市長選結果

竹山氏が19万8,000票を獲得し、14万票の維新・西林克敏氏を破りました。

竹山氏は、堺区や地元・北区で約1万5,000票の差を付け、トータルで5万7,000票差で勝利しました。西林氏は、地元の南区で勝利したのみで、他の6区では及びませんでした。

(2) 維新の党勢

維新は、直近4回の衆参国政選挙での比例票が、14万票(12衆)、10万票(13参)、10万4,000票(14衆)、11万5,000票(16参)と推移しています。

また、前回市長選の西林氏の得票数は14万票、15年知事選では、松井知事が17.5万票を獲得しています。この6回の選挙の得票数の平均値は12万9,000票、堺市での維新票は「下限10万票~最大17.5万票」と考えることができます。また、15年府議選では6人の候補が合わせて14万票、堺市議選では14人の候補が合わせて9万8,000票を獲得しています。

(3)竹山氏、推薦・支援の政党の党勢

竹山氏を推薦・支援している各政党の比例票を見ていきます。

去年の参院選では、自民7万5,000票、民進3万2,000票、こころ8,000票、社民3,800票で自主的に支援している共産の4万票も加え、単純に合計しますと「16万票」となります。

そして、各党が参院選で獲得した比例票の合計「16万票」と、前回の竹山氏の得票「19万8,000票」を比較して見ます。竹山氏の地元・北区では、推薦・支援の5党の比例票の合計は3万票であるのに対して、竹山氏の得票数は3万9,000票、前回市長選で大きく勝ち越した堺区では5党比例票:2万7,000票に対して竹山氏得票:3万7,000票と、「9,000票~1万票、竹山氏の得票数が多く」なっています。いわゆる「個人票を積み上げる」という状況を読み取れることができます。

1/2ページ

最終更新:9/22(金) 12:57
選挙ドットコム

Yahoo!ニュースからのお知らせ