ここから本文です

WEC“スーパーシーズン”のカレンダーが確定。2019年セブリングは1500マイルに

9/22(金) 11:27配信

オートスポーツweb

 9月21日、フランス・パリで開催されたワールド・モータースポーツ・カウンシル(WMSC)においてWEC世界耐久選手権の2018/19シーズンスケジュールが承認された。そのなかで2019年3月に予定されるセブリングが12時間レースから1500マイルレースへと変更されている。
 
 伝統のル・マン24時間を最終戦として行い、1シーズンの中でル・マンを2回開催する“スーパーシーズン”のカレンダーを今年9月初旬に発表したWEC。その後、再調整された新スケジュールが9月16日に発表されたが今回、WMSCによってこの新日程が承認され正式決定となった。

 全8戦のスケジュールは16日に発表されたものから変更はないが、第6戦のセブリングについてはレース概要が変更。同じ週末に行われるIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップのセブリング12時間との差別化を図るため、WEC側は時間制ではなく1500マイル(約2414km)、401周という距離を定めたレースとなる。

欧州発、スポーツカーとツーリングカーレースにまつわるウワサ

 またWMSCは、FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブがメキシコで発表したLMP1を“ひとつのクラス”とする新レギュレーションに関しても承認した。

WEC世界耐久選手権2018/19シーズンカレンダー(9月21日発表版)
Round/Date/Race
/2018年4月6~7日/プロローグ(ポール・リカール)
1/2018年5月4~5日/スパ・フランコルシャン6時間
2/2018年6月16~17日/ル・マン24時間
3/2018年8月18~19日/シルバーストン6時間
4/2018年10月20~21日/富士6時間
5/2018年11月17~18日/上海6時間
6/2019年3月16~17日/セブリング1500マイル
7/2019年5月3~4日/2019年スパ・フランコルシャン6時間
8/2019年6月15~16日/2019年ル・マン24時間


[オートスポーツweb ]

最終更新:11/27(月) 12:13
オートスポーツweb