ここから本文です

シンデレラ城、最上階は「3LDK」並み? 謎の地下室も! ディズニーランドの「登記」に意外な姿

9/26(火) 7:00配信

withnews

 シンデレラ城の最上階はどうなっているのだろう・・・。東京ディズニーランドに数ある人気アトラクション。その「裏側」をかいま見る方法が話題になっています。「夢の国」の現実的な部分を、ちょっとだけ見てみたい。記者が実際に調べてみました。(朝日新聞記者・信原 一貴)

【画像】これが実物、シンデレラ城の「登記」1~5階はどうなってる? 広い「謎の地下室」も

シンデレラ城は…

 「建物の位置関係からすると…たぶんこれがシンデレラ城」。9月に入り、シンデレラ城のものとみられる「登記事項証明書」がツイッターに投稿され、反響を呼びました。

 一体、何が注目を集めたのでしょうか?

 建物をつくると、必ず国に登記しなくてはいけません。そして登記された建物の構造などが書かれた「証明書」は、誰でも入手することができます。普通は建物を売買するときなどに使うのですが、謎のベールに包まれた「夢の国」を調べた、猛者が現れたというわけです。

 実はディズニーランド周辺には、事務所やトイレに至るまで100以上の建物が登記されています。その中の、どれが「シンデレラ城」として使われている建物なのか、特定するのは意外と難しい作業なのです。

 記者も、まずは公的な検索サイトで調べましたが、「絶対これ!」と特定はできませんでした。

 そこで今回は、ディズニーランドの近くにある「千葉地方法務局 市川支局」に行って調べることにしました。

厚さ10センチのファイルから

 「シンデレラ城の登記を調べたいんですけど」

 おそるおそる窓口で尋ねると、職員の人が少し困ったような表情を浮かべました。やはり、どの建物か特定して欲しいとのこと。それが難しくて現地に来たのだけれど・・・。

 すると職員の人が、厚さ10センチはあるファイルを持ってきてくれました。

 一体どんな手がかりが・・・ファイルを開いてみると、あれ?書いてある!

 中には、ディズニーランドの建物の図面が大量にとじられています。これが実は優れもの。主なアトラクションの図面には、そうと分かるように名前が鉛筆書きされているのです。さらに確認作業に使えるディズニーランドの地図まで入っています。

 さすがは地元。資料が整っていました。

1/3ページ

最終更新:9/26(火) 11:05
withnews