ここから本文です

「命かけた」日馬富士、一人横綱の意地で豪栄道に連勝し逆転優勝…7場所ぶり9回目賜杯

9/24(日) 17:41配信

スポーツ報知

 ◆大相撲秋場所千秋楽 ▽本割 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道● ▽優勝決定戦 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道●(24日・両国国技館)

【写真】優勝決定戦で豪栄道を寄り切りで下し優勝を決めた日馬富士

 トップを走る西大関・豪栄道(31)=境川=を1差で追っていた西横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が、豪栄道との本割、優勝決定戦に連勝し、昨年名古屋場所以来7場所ぶりとなる9回目の優勝を飾った。

 11勝4敗での優勝は、96年九州場所の大関・武蔵丸以来。1場所4個の金星を配給した横綱の優勝は史上初。さらに1場所15日制が定着した1949年夏場所以降、10日目終了時3差からの逆転優勝も初めて。

 日馬富士「うれしいです。今日の一番に命かけて、全身全霊で相撲を取りました」


 ◆日馬富士 公平(はるまふじ・こうへい、本名・ダワーニャム・ビャンバドルジ) 1984年4月14日、モンゴル・ゴビアルタイ生まれ。33歳。横綱。伊勢ケ浜部屋。186センチ、137キロ。得意技は右四つ・寄り。幕内優勝9回。初土俵は2001年初場所。04年九州場所新入幕。08年11月、大関に昇進し四股名を「安馬(あま)」から「日馬富士」へ改名。09年初場所、大関昇進。同年夏場所で初めての幕内優勝。12年名古屋場所、秋場所で連続幕内優勝し、九州場所で横綱昇格。13年名古屋場所を全勝で横綱として初優勝した。

最終更新:9/24(日) 18:28
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ