ここから本文です

カラシニコフ氏の銅像、モスクワでお披露目 「AK47」を設計

9/24(日) 13:12配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月24日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で19日、世界各地で広く使用されている自動小銃「AK47」の設計者、ロシア人の故ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)氏の銅像の除幕式が行われた。ロシアの当局者やロシア正教会(Russian Orthodox Church)の聖職者らが出席した。

 像は高さ7メートル。ウラジーミル・メジンスキー(Vladimir Medinsky)文化相は、カラシニコフ氏の功績をたたえ、世界中で1億丁以上複製されているとみられるAK47を「ロシアの文化的ブランド」と称した。

 メジンスキー文化相は、カラシニコフ氏が「生まれつきの類いまれな才能、飾り気のなさ、品位という、ロシア人の最も優れた特徴を持ち合わせている」と述べた。

 カラシニコフ氏は1919年にシベリア(Siberia)の村で生まれた。2013年12月、それまで暮らしていた中部イジェフスク(Izhevsk)で死去した。(c)AFPBB News

最終更新:9/24(日) 13:12
AFPBB News

Yahoo!ニュースからのお知らせ