ここから本文です

移籍後初先発の宇佐美、豪快ミドルで2ゴール目!!首位デュッセルドルフの勝利に貢献

9/24(日) 0:34配信

ゲキサカ

[9.23 ブンデスリーガ2部第8節 サンパウリ1-2デュッセルドルフ]

 ブンデスリーガ2部は23日、第8節を行い、FW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは敵地でFW宮市亮所属のザンクトパウリと対戦し、2-1で勝利した。前節で出番がなかった宇佐美は4-1-3-2の左サイドハーフで移籍後初先発を果たすと、出場3試合で2ゴール目を記録。後半14分までプレーし、勝利に貢献した。宮市はベンチ外だった。

 試合開始からわずか9分だった。右CKの流れから、こぼれ球に反応した宇佐美がペナルティーアーク付近で右足を一閃。鋭い軌道の弾丸シュートをゴール右上隅に突き刺し、先制に成功。宇佐美はデビュー戦のウニオン・ベルリン戦(3-2)以来、出場3試合で2得点目となった。

 攻撃のリズムをつかんだデュッセルドルフは前半23分にも追加点。相手DFがクリアミスしたこぼれ球をWロウべン・ヘニングスが高い位置で拾うと、前に飛び出したGKとの1対1を制し、左足でニアを破った。2-0にリードを広げ、ヘニングスは宇佐美と抱き合って歓喜を示した。

 劣勢のザンクトパウリは前半34分にMFエンべル・ジェンク・シャヒンが個人技から鮮やかな左足シュートで1点を返すも、反撃もここまでだった。宇佐美は後半14分に途中交代となったが、そのままデュッセルドルフが2-1で逃げ切り、2連勝。6勝1分1敗で勝ち点を19に伸ばし、首位を守った。

最終更新:9/24(日) 11:29
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合