ここから本文です

見た目だけで周囲の態度が180度変わってしまう化粧品CMが「差別的」と物議 販売元「突然、否定的な声が急増して困惑」

9/26(火) 15:56配信

ねとらぼ

 フェイスマスク「オルフェス(ALFACE)」のCMが、ネット上で物議を醸しています。相手の容姿に応じて、出演者が露骨に態度を変える内容が不適切ではないかとの指摘が続出。

【画像:男性役がイケメンから入れ替わった別バージョンのCM】

 9月15日から全国で放送されている「オルフェス」の第2弾CMで、元アイドルグループKARAのク・ハラさんらが出演しています。「チャンス編」は、ある女性が落としたりんごをイケメン男性が拾い上げたところに、ハラさんが通りかかるという展開。その美しさに魅了されてしまった男性はうっかり、手にしたりんごを持ち主の女性ではなく、無関係なハラさんに渡してしまいます。

 「ピンチ編」は、男性役を背が低くぽっちゃりした体形の人物に入れ替えて、同じストーリーを演じたもの。「チャンス編」とは対照的に女性出演陣は終始笑顔を見せず、男性に対しておびえるような演技をしています。このように相手の外見によって、態度が変わってしまう内容に対し、ネット上では否定的な声が続出。「炎上商法か」と疑う人も現れています。

 同商品を手掛けるロハス製薬に話を伺ったところ、このCMは容姿や性別による差別、炎上商法を狙ったものではないとのこと。実際、公開当初は「おもしろい」など好意的な意見が多かったものの、ここ数日で否定的な意見が急増。突然の変化に戸惑っており、良好な関係が築けていたCM出演者らに対しても、申し訳なさを感じているとのこと。

 同社によれば、「オルフェス」は1年以上の開発期間を費やした結果、「トップクラスに良い製品ができた」と自信が持てるクオリティーになり、女性の認知度向上のために宣伝を行うことに。制作会社と相談しながらユーモアとインパクトのある展開を目指したことから、今回のCM内容が決定したといいます。

 ネット上で批判的な声が現れている件については社長にも逐一報告が行われており、今後の対応は状況を見ながら判断する方針とのこと。現時点ではネガティブな意見と同程度の応援メッセージが届いており、CMを非公開にする予定はないものの、「場合によっては公開中止もやむを得ない」と考えているそうです。

最終更新:9/26(火) 18:53
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ