ここから本文です

NHK番組「日曜美術館」「世界遺産」などを制作、テレビ番組・映像ソフト制作会社のエフボックスが破産開始

9/27(水) 10:57配信

帝国データバンク

 (有)エフボックス(TDB企業コード988808325、東京都中野区東中野1-58-19、代表松井克尚氏)は、9月20日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は篠田憲明弁護士(東京都千代田区内幸町2-1-4、三宅坂総合法律事務所、電話03-3500-2917)。

 当社は、2005年(平成17年)6月に設立されたテレビ番組、映像ソフトの制作業者。代表のディレクターとしての評価は高く、NHKエンタープライズを最大の得意先として、『日曜美術館』、『世界遺産』などの企画、演出、編集を手掛け、2008年5月期には年収入高約4600万円を計上していた。

 しかし、その後の業容は次第に縮小、2016年5月期の年収入高は約3500万円に落ち込み、欠損計上が続いたことで累積損失も拡大、債務超過に陥っていた。7月末に事業を停止し、今回の措置となった。

 負債は推定2300万円。