ここから本文です

浦和、ACL準決勝第1戦はドロー決着…先制許すも柏木が貴重なアウェイゴール

9/27(水) 22:52配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ2017準決勝第1戦が27日に行われ、上海上港(中国)と浦和レッズが対戦した。

 浦和は堀孝史監督就任以降取り組んでいる4バックのシステムを採用。最終ラインは右から遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章の並び。中盤に青木拓矢、柏木陽介、そしてACL初先発となる長澤和輝。前線は興梠慎三、武藤雄樹、ラファエル・シルバが起用された。一方、ホームの上海は元ブラジル代表のフッキやオスカルがスタメンに名を連ねている。

 15分、フッキが中盤からドリブルで持ち込み、武器の左足を振り抜く。この鋭いシュートがネットに突き刺さり、ホームの上海に先制を許してしまう。対する浦和は27分、青木が浮き球のパスを興梠に供給。興梠が落とすと、走り込んだ柏木が右足で決めてすぐさま同点とする。その後はオスカルを中心に上海が浦和ゴールに攻め込むが、GK西川がゴールを許さない。前半は1-1で折り返す。

 後半に入り57分、切り返しからオスカルがシュートを放つも、西川が好セーブ。続く69分にはオスカルが直接FKでゴールを狙ったが、今度はポストに救われた。浦和は80分、ラファエル・シルバを下げて高木俊幸を投入。終了間際の87分には高木のバックパスがウー・レイに渡ってしまう。しかし、ウー・レイのシュートはわずかに枠を外れた。

 試合は1-1で終了。浦和は準決勝第1戦を勝利で飾れなかったものの、貴重なアウェイゴールを記録。次戦、仮に0-0の場合でもアウェイゴール差で10年ぶりの決勝進出が決定する。

 準決勝第2戦は10月18日、埼玉スタジアム2002にて19時30分キックオフを予定している。

【スコア】
上海上港 1-1 浦和レッズ

【得点者】
1-0 15分 フッキ(上海)
1-1 27分 柏木陽介(浦和)

SOCCER KING

最終更新:9/27(水) 22:52
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ