ここから本文です

陸自「ガンタンク」の強さとは? 攻撃ヘリ、ひとたまりもなく 87式自走高射機関砲

9/28(木) 18:08配信

乗りものニュース

見せてもらおうか 陸自「ガンタンク」の性能とやらを

乗りものニュース

 陸上自衛隊の87式自走高射機関砲には、「ガンタンク」という非公式の愛称があります。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

 陸自の「ガンタンク」は、35mm二連装高射機関砲を74式戦車の車体に搭載した、局地防空用の自走型近距離対空火器。捜索・追随レーダーと射撃統制装置が連動し、ミサイルに比べ射程は短いものの、砲弾の初速や命中率が高いという特徴があります。

 また機関砲は炸裂弾で、当たったら爆発するため、装甲のある攻撃ヘリでも、命中すればひとたまりもありません。

「地対空ミサイルのような誘導はありませんが、機関砲はいちど発射されたら妨害不可能という利点があります。隠されていた『ガンタンク』に撃たれたら一巻の終わりです」(航空軍事評論家 関 賢太郎さん)

 この「ガンタンク」がいるだけで、敵航空機は接近困難といいます。しかし高価なため、52両しか生産されませんでした。

 ちなみにこの87式自走高射機関砲、公式の略称は「87AW」、公式の愛称は「スカイシューター」です。

陸上自衛隊 87式自走高射機関砲

乗員:3人
全備重量:約38t
全長:7.99m
全幅:3.18m
全高:4.4m(起立)
速度:約53km/h
エンジン:空冷2サイクル10気筒 ディーゼル機関 720ps/2200rpm
武装:35mm(エリコンKDA)高射機関砲
開発:防衛庁技術研究本部
製作:三菱重工業(車体) 日本製鋼所(砲塔)

乗りものニュース編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ